二日酔いやお酒を飲み休んでからの酒気帯びのリスクを少しでも下げる方法を紹介したいと思います。

まず飲酒後、どれくらいでお酒が抜けるのか?

純アルコール量(g)÷(体重×0.1)=アルコール処理に要する時間

 純アルコール量=摂取量(ml) × 度数または % / 100 × 0.8(比重)

 ビール500(ml)5%の場合:500(ml) × 0.05 × 0.8 = 20(g)

例えば、体重60kgの人がビール1杯(500ml)飲んだ場合のアルコール処理時間は、「純アルコール量:20g」となるので、計算式は「純アルコール量:20g÷(体重×0.1)=約3.4時間」です。

これは一般的な飲酒量の人の場合で計算したもので、実際には年齢やアルコールの分解能力などによって大きく変化するので、計算で割り出した時間が過ぎたからといって、必ずしもアルコールが抜けているわけないので、要注意です!

アルコール分解を助ける食べ物・飲み物の紹介

①オレンジジュース

②ミヤフローラEX

③しじみウコン肝臓エキス

今は、時期じゃないですが飲み会シーズンに思い出していただければ!